【遊戯王デュエルリンクス】デッキ解説⑦ D-HERO(M・HERO)

 

D-HEROデッキ

今回は「D-HERO(M・HERO)」デッキを紹介したいと思います。

このデッキは第11弾メインBOXのURととストラクチャーデッキの「運命を制すもの」に収録されているカードが必須になるため、課金必須のデッキになります。

しかし、課金をするだけの価値があるデッキでかなり強力です。

自分は微課金なので、メインBOXが出て周りがこのデッキを使っているときはこのデッキを作ることができず、その間少しずつ微課金をしていきながら11弾のメインBOXが出て約3か月後にようやく作ることができました。

3か月たつと、だいたいのデッキが新カードやレギュレーション改訂で環境落ちすることがありますが、このデッキは変わらず環境トップクラスであったほどとても強いです。

スポンサーリンク

デッキの特徴

「D-HERO」モンスターを中心としたビートダウン型のデッキで、「D-HERO」モンスター自体の火力は低いですが、融合や「マスク・チェンジ」を利用することで上級モンスターを特殊召喚していきます。

このデッキの一番の特徴として「M・HERO 闇鬼」によるワンターンキルがしやすく、下級モンスターだけで魔法・罠が伏せられていなかったり、除去されたりするとあっという間にライフを0にしていきます。

また、「D-HERO」モンスターなどの効果でデッキ圧縮がしやすいため、「マスク・チェンジ」を早いうちから握りやすいです。

基本的な動きとして、魔法・罠を除去した後に「M・HERO 闇鬼」の連続攻撃で一気に勝負を決めに行きます。

※2018/10/22より「V・HERO ヴァイオン」がリミット1になったので、融合型が使いにくくなりました。それに代わって防御カードが多めのバランス型が主流になっています。

長所

・ワンターンキル性能が非常に高い
・手札事故が少なめで安定感がある

短所

・下級モンスターの火力が低い
・基本的に課金をしないとデッキが作れない

相性のいいスキル

・運命のステージ
下級の「D-HERO」モンスターで攻撃力の高いモンスターを突破しやすくなります。1000ライフ減れば使えるので、「コズミックサイクロン」と相性がいいです。

・バランス
「融合」を使わないデッキなら採用しやすいです。手札事故が基本無いので安定してデュエルしやすいです。

・巨大決戦
スキル効果が発動しているときに「M・HERO 闇鬼」のダイレクトアタックの効果が攻撃力分のダメージがそのままでそれが倍化されるのでワンターンキルが簡単にできます。(攻撃力2800なら5600ダメージ)

デッキの必須カード

M・HERO 闇鬼
マスク・チェンジ

M・HERO 闇鬼マスク・チェンジ

このデッキの一番核になるモンスターです。

モンスターを破壊することで「マスク・チェンジ」をデッキからサーチすることができ、サーチしてきた「マスク・チェンジ」を即座に発動することで連続攻撃をすることができるので、ワンターンキルが決めやすいです。

また、壁モンスターがいてもダイレクトアタックをすることができ、壁モンスターがいて突破されない場面でも安心ができません。その際は攻撃力の半分のダメージを受けます。

メインBOXのURなので無課金では集めるのが大変ですが、基本的にデッキにフルで入れておきたいです。

「マスク・チェンジ」も「M・HERO 闇鬼」の召喚に必要なので3枚必須です。

D-HERO ディバインガイ

D-HERO ディバインガイ

火力は低いですが、効果がとても優秀で手札が0の時に墓地のこのカードと「D-HERO」モンスターを除外することで2ドローができます。

一見効果を発動するまでが面倒くさそうですが、「D-HERO デッドリーガイ」や「V・HERO ヴァイオン」などで簡単に「D-HERO」モンスターを墓地に送ることができ、手札が0枚の条件も融合や「D-HERO デッドリーガイ」の効果などですぐに手札を0枚にすることができるので、効果が発動しやすいです。

2ドローすることでデッキ圧縮はもちろん「マスク・チェンジ」を手札に握りやすくなるので、相手の盤面が整う前にワンターンキルを決めやすいです。

D-HERO ディシジョンガイ

D-HERO ディシジョンガイ

このモンスターも火力は低いですが、デュエル中1回だけ墓地の「HERO」モンスターを回収することができるので、次のターン必ずモンスターが欲しい場面などで重宝します。効果発動をしたエンドフェイズ時に墓地に「D-HERO」モンスターがいないときは不発となり、不発になった場合でも以後その効果を使うことができない点に注意です。

また、レベル6以上のモンスターはこのカードを攻撃対象にできないので、レベル6以上のモンスターが多いデッキにはメタとなり、それ以外のデッキでも相手の場にレベル6以上のモンスターしかいないときはキーカードが来るまでの時間稼ぎとして有効です。

スポンサーリンク

その他採用できるカード

D-HERO ドリルガイ

D-HERO ドリルガイ

「D-HERO」モンスターを横展開できるモンスターで、「M・HERO 闇鬼」を場に2体並べることがしやすくなります。また、手札で腐った「D-HERO ディアボリックガイ」を召喚して「D-HERO ディバインガイ」の効果を使えるようにする点でも使えます。

また、貫通効果も持っているので守備力の低いモンスターに対して貫通ダメージを与えられるのも強いです。

D-HERO ドリームガイ

墓地にあるときに「D-HERO」モンスターが戦闘する際に墓地から特殊召喚することができ、さらにその効果を使った戦闘では戦闘した「D-HERO」モンスターは破壊されず、ダメージも受けません。

横展開することができ、さらに「D-HERO」モンスターも守れるので「M・HERO 闇鬼」を並べやすくなります。

D-HERO デッドリーガイ

D-HERO デッドリーガイ

融合素材が「D-HERO」モンスターと闇属性の効果モンスターなので非常に召喚しやすく、手札に適当な「D-HERO」モンスターか「V・HERO ヴァイオン」があれば融合召喚できます。

効果は1ターンに1度手札を捨てて、「D-HERO」モンスターを墓地に送ることでそのターン墓地の「D-HERO」モンスターの数×200攻撃力を上げることができます。

このモンスターの特筆すべき点はこのデッキ圧縮能力で「D-HERO」モンスターをとにかく墓地に送れまくれるのが強いです。

「D-HERO ディバインガイ」との相性が良く、「D-HERO ディバインガイ」もしくはほかの「D-HERO」モンスターを墓地に落とせるかつ手札0の条件も手札を捨てる効果で満たしやすく、「D-HERO ディバインガイ」の効果も併せてとにかくデッキ圧縮をするので、デッキがかなり回りやすくなります。

V・HERO ウィッチレイド

相手の魔法・罠を全て破壊できる優秀なモンスターです。

相手の魔法・罠を全て破壊した後に「マスク・チェンジ」をすることで「M・HERO 闇鬼」の攻撃を安全に通すことができます。

伏せた罠カードもリリース要因にできるので、このカードを入れるときは多めに罠カードを入れるといいです。

デステニー・ドロー

デステニー・ドロー

「D-HERO」モンスターを墓地に送れるかつデッキから2ドローできるカードです。

基本的に「D-HERO ディバインガイ」や「D-HERO ディアボリックガイ」の効果を使いやすいようにそれらをコストにしたいです。

「D-HERO デッドリーガイ」や「D-HERO ディバインガイ」で十分にデッキ圧縮ができるほか、手札にモンスターが1体しかなく、このカードを使用した時にドローしたカードにモンスターがいなくて手札事故になる可能性もあるので、採用の優先度は個人的には低めです。

禁じられた聖杯

モンスター効果を無効にできる非常に強力なカードですが、この効果を利用して「M・HERO 闇鬼」のダイレクトアタックの効果で攻撃力の半分のダメージしか与えられない部分を無効にすることでそのままの攻撃力分のダメージを与えることができます。

その際は必ずダメージステップ時に発動します。それ以外で発動してしまうとダイレクトアタックができなくなってしまうので注意が必要です。(ダメージステップ時なら選択した対象に攻撃をすることが確定しているため)

デッキ構築例

V・HERO ウィッチレイド型

「V・HERO ウィッチレイド」を召喚して相手の魔法・罠を全て破壊してから「M・HERO 闇鬼」などで一気に攻めていくデッキです。

「V・HERO ウィッチレイド」は罠カードをリリースしても召喚できるので、罠カードを若干多く入れてあります。

「分断の壁」や「銀幕の鏡壁」で「D-HERO」モンスターの火力の低さをカバーし、相手が伏せカードに警戒して殴ってこなければ「V・HERO ウィッチレイド」と「マスク・チェンジ」がくるまで安心して待つこともできます。

相手の魔法・罠を全て破壊した時の爽快感はかなり気持ちいいです。

バランス型

バランスD-HEROデッキ

「融合」を使わないデッキです。

ワンキルは融合型よりも少ししにくくなりますが、手札のカードや盤面の状況によっては普通にすることができます。

このデッキの利点として手札事故がほぼ無いので安定性があり、また防御札も何枚か入れられるので相手からワンキルされづらいです。

基本的なデッキの動かし方(V・HERO ウィッチレイド型)

①「D-HERO」モンスターを召喚して、「分断の壁」などの防御カードを伏せていきます。

②相手が攻撃してくれば罠カードを発動して迎撃して、相手が攻めてこないときは相手の伏せカードが多い時はあまり攻めていかないようにします。

③「V・HERO ウィッチレイド」が引けたら、召喚して相手の魔法・罠を全て破壊して一斉攻撃します。

④「V・HERO ウィッチレイド」の効果にチェーンして対象を取る効果を使ってきたら「マスク・チェンジ」でエスケープして「M・HERO 闇鬼」で攻撃します。

まとめ

「V・HERO ヴァイオン」がデッキに1枚しか入れられないことで融合型が弱体化して、デッキ圧縮スピードが落ちましたが「マスク・チェンジ」の強さは健在なので、まだまだ環境に生き続けるデッキだと思います。

スポンサーリンク

「【遊戯王デュエルリンクス】デッキ解説⑦ D-HERO(M・HERO)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください