【遊戯王デュエルリンクス】2019年度WCS要注意デッキ

 

どうも!つまむきです!

いよいよ世界大会をかけたWCS予選が始まりました。

今年の世界大会に出れる最後のチャンスということもあり、多くの決闘者が調整に励んでいます。

自分も本気で世界大会の切符を手に入れたいので、今回も本気で走る予定です。

今回は目も言っていた気がするのですが、前回のKC以上にさらに環境がばらけている気がします。

今回もこの予選で多そうなデッキを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

KC杯の要注意デッキ

・サブテラー

今回のKC杯で要注意デッキNo.1!!

予選前の新BOXで登場したテーマで必須カードにURカードが無く無課金、微課金者でも比較的に簡単に組めるので大会やランク戦で使用者が多いです。

主流となっているデッキの型はスキル「仮面魔獣の下準備」を使用して、「サブテラーの戦士」とスキルで呼び出したモンスターをリリースして「サブテラーマリス・リグリアード」もしくは「サブテラーマリス・アクエドリア」を出してこれらのモンスター効果とこのデッキのパワーカードである「サブテラーの決戦」の効果で盤面を制圧していきます。

スキルがいつでも使用可能なので「サブテラーの剣士」さえ手札にあれば、スキル使用後の次のターンに「サブテラーマリス」モンスターを出せるのがかなり安定感が良く、そこに「サブテラーの決戦」があればその盤面をひっくり返すのが困難になります。

その超パワーカードである「サブテラーの決戦」は相手ターンにリバース効果を使えたり、攻守を元の数値のそれぞれ合計したものになるので戦闘突破もしづらいです。

対策としてはスキル「墓所封印」で「サブテラーマリス」モンスターを出されないようにするか、「古代の機械熱核竜」で攻撃時にモンスター効果を発動させないようにします。

「古代の機械熱核竜」軸の【古代の機械】ならバック破壊も豊富で「サブテラーの決戦」を除去しやすいため、かなり相性がいいです。


・ブルーアイズ

今回のKC杯で要注意デッキ第2位!!

少し前に「マーキング・カード」型ブルーアイズが流行っていましたが、スキルの弱体化と環境変化で衰退していました。

しかし、予選前に出たミニBOXで「太古の白石」が収録されてから再び環境に姿を現しました。

「太古の白石」は墓地に送られることでデッキから「ブルーアイズ」モンスターを出せるので、「白き霊龍」にもアクセスしやすくバック除去が容易にしやすくなりました。

「太古の白石」の墓地に送られた時の効果はエンドフェイズに発動するので【古代の機械】相手にも発動できるのが強いです。

さらに墓地の「太古の白石」を除外することで「ブルーアイズ」モンスターの回収もできるので、「スナイプストーカー」や「コアキメイル・アイス」の効果使用にも相性がいいです。

「青眼の白龍」の高い火力、「白き霊龍」のバック除去、「スナイプストーカー」や「コアキメイル・アイス」の効果破壊に「太古の白石」の安定性と強い要素がいくつもあり、弱点が少ないので今回の上位陣にこの【ブルーアイズ】デッキは入ってくると思います。

使用スキルは高い火力をさらに底上げする「粉砕!」か「ネオス・フュージョン」や【サブテラー】対策の「墓所封印」が多いです。

予選の段階では「粉砕!」が多かったですが、代表決定戦では【サブテラー】と「ネオス・フュージョン」が多いので、「墓所封印」が多くなるかと思います。

ドラゴン族主体のデッキなので「バスター・ブレイダー」に滅法弱いです。


・古代の機械

今回のKC杯で要注意デッキ第3位!!

前々回KCから常に環境に居続けるデッキです。

今回は現環境に多くいる【サブテラー】に相性がいいので、まだまだ現役として活躍できます。

バック除去が豊富なので、環境外デッキにも相性がいいです。

ただ、バック除去は多いですが防御札は若干少なめなので、打点で上を取られやすく、バックも少なめの【ブルーアイズ】にあまり相性はよくないです。

また最近は「コズミック・サイクロン」が流行ってきているので「歯車街」や「古代の機械要塞」を除外されて「古代の機械熱核竜」を出せないことよくあるので、環境的にはちょっと逆風な部分があり、上位に行くには厳しいかなと思います。


・ネオス(コアキメイル型)

今回のKC杯で要注意デッキ第4位!!

「ネオス・フュージョン」と「ブレイブ・ネオス」の組み合わせがとにかく万能でいろんなテーマのデッキに出張しています。

「ブレイブ・ネオス」の素材が「E・HERO ネオス」とレベル4以下の効果モンスターで出せて、さらに「ネオス・フュージョン」がデッキからも素材として墓地に送れるので「ネオス・フュージョン」1枚で展開できて、さらに「タスケルトン」など墓地で効果を発動できるモンスターを簡単に墓地に送れます。

また、「ネオス・フュージョン」が墓地にあるときは融合体モンスターの破壊耐性も得られるので場持ちも非常にいいです。

この【ネオス】デッキは先日行われた非公式の大型大会である「PKC」や「松杯」で優勝実績もあります。

いろんなテーマに使われていますが、その中でも「コアキメイル」モンスターを組み合わせた【コアキメイルネオス】が特に強いです。

採用されている「コアキメイル」モンスターはなんでも破壊できる「コアキメイル・マキシマム」と特殊召喚したモンスターを破壊できる「コアキメイル・アイス」を入れてあるのがほとんどです。

「コアキメイルの金剛核」と「ネオス・フュージョン」のどちらかあれば動くことができるので安定性はそれなりにあり【コアキメイル】のワンキル力も相まって瞬間的な爆発力は一番高く、この瞬間的な爆発力をぶつけて勝っていくのが基本になります。

使用スキルは「E・HERO ネオス」など手札の不要カードが手札にあった場合に入れ替えられる「スリカエ」が特に多いです。

「スリカエ」の発動条件を満たすために「コズミック・サイクロン」を入れてあるのがほとんどで、【古代の機械】にも対等に戦いやすいです。

その他にライフ調整で使える「ディスティニー・ドロー」や環境デッキへのメタである「墓所封印」もいます。

ちなみに自分はネオスなしの準コアキメイルで1回戦を突破しました。


・バスター・ブレイダー(レッドアイズ型)

今回のKC杯で要注意デッキ第5位!!

今まで使用されていた「ラスト・ギャンブル」が修正され弱体化したのと、その後に環境トップになった【六武衆】に弱いことから環境から一時姿を消していましたが、【ブルーアイズ】や【レッドアイズ】といったドラゴン族主体デッキが環境に出始めたので、そのメタである【バスター・ブレイダー】も一緒になって再び環境に浮上していきました。

どのデッキにおいても「竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー」と「DNA改造手術」のコンボを組み合わせられるとつらいのは今までと変わらずです。

「ラスト・ギャンブル」の使用できるターンが延びたことでで事故率が元々高いこのデッキでスピードデュエル環境下では事故ったまま勝負を決められやすかったです。

ただ今回は「光と闇の交換」というスキルのおかげで安定性が上がりました。

このスキルは手札のモンスターを同種族、同レベルで光属性なら闇属性、闇属性なら光属性のモンスターをデッキから入れ替えることができるスキルです。

これにより、「破壊剣士の伴竜」と「伝説の黒石」、「黒鋼竜」が対応していて入れ替えることができます。

この「伝説の黒石」と「黒鋼竜」は【レッドアイズ】のサポートカードなので【レッドアイズ】デッキと組み合わせた構築が広まっています。

【レッドアイズ】も「真紅眼融合」がストラクチャーデッキで収録されて強化されたので非常に強力な組み合わせかと思います。

「バスター・ブレイダー」は戦士族なので「真紅眼の黒刃竜」の融合素材になれてデッキ自体の相性もいいです。

2ndステージデッキ使用率予想

最初は【サブテラー】、【古代の機械】が多くいるかと思いますが、上位になるにつれて【ブルーアイズ】、【コアキネオス】が多くなると予想しています。

上記で紹介したデッキのほかに注意すべきデッキとして【六武衆】、【沈黙魔導】にも気を付けたほうがいいです。

【六武衆】は「紫炎の道場」がリミット入りしたことと、【ブルーアイズ】など火力面で負けているデッキが環境に出だして以前より勢いは失速していますが、それでも先行時の制圧力は高く、「真六武衆-エニシ」や「六武派二刀流」のバウンス効果も強力なのでまだまだ強いです。

【沈黙魔導】は「光と闇の交換」のおかげで「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」を出しやすくなって安定感がかなり上がっています。

とにかくいろんなデッキが混在してくると思うので、上位に行くためには環境読みをしっかりしないといけないです。

まとめ

とにかく環境のデッキがばらけていてなかなか対策がしづらく、上位に上り詰めるのはかなり厳しい戦いになりそうです。

今回自分は【ブルーアイズ】、【コアキネオス】、【サブテラー】を中心に走り抜けようかと思っています。

世界大会にとにかく行きたいので、今回のWCSは全力でやっていきます!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください